2019

備中松山城 2019/11/30(土)

雲海に浮かぶ天空の城「備中松山城」、岡山県高梁市にあり江戸時代から残る現存天守12城の一つ。日本3大山城の一つでもあります。雲海の見頃は、10月下旬から12月上旬。BCツアー総勢8名、6:00高松発、丸亀経由、備中松山城展望台へ。

8時頃展望台に到着、大勢の人がいます。道路の片側はずらっと車が停まってました。
雲一つない晴天
分厚い雲海です
この上にもう一段ありますが、そこは常連カメラ親父が三脚を据えて陣取っていました。
もうちょっと雲海が上がっていればなあ~。天守閣後ろの白い反射板が見え始めると、常連カメラマンはもう帰り始めるそうです。
この後は備中松山城に登り、最高地点の臥牛山を目指します。
高梁市は雲海の下でした!
この日、サルには会いませんでした(笑)
8:55 無料駐車場に車をおいて、歩き始めま~す
高梁川の支流を渡り
9:06 登山口に到着
臥牛山
大石内蔵助も在城したんですね!
なんかの実
9:43 備中松山城の駐車場からここまでシャトルバスで上がってこれるようです
この辺からはなだらかになります
斜面の紅葉がきれいです!
高梁市の雲海も薄くなってきましたね
10:03 松山城直下に到着、石垣が見事ですね
お城の紅葉が最高!
10:12 お城に着きましたが、先に臥牛山に向かいます
NHK大河ドラマ「真田丸」のオープニングに使われたそうです
10:18 城を抜けると、観光客がいなくなり静かな山歩きができます
ここからの紅葉が素晴らしかった、黄色・・・
赤・・・
グラデーション
もう紅葉は終わっていると思っていたので、感動でした
さらに奥に進みます
10:33 大池、改修中でした
10:36 吊橋を渡ります
吊橋からの眺め
吊橋を振り返って
ここから雲海を見た展望所まで、尾根伝いに歩けるそうです
山頂近く
10:53 山頂、三角点は手前の藪の中にありました
三角点、お城に戻ります
630年も続いたんですね!
帰りにまた紅葉をバシャバシャと
11:46 天守閣前広場で食事をとり、天守閣に行ってみます(有料)
天守閣内部
現城主の「さんじゅうろう」にご挨拶
帰りはアスファルト道を歩きました
中央の窪みが展望所です
アップすると
シャトルバス停まで降りてきました、ここから元の道に戻ります(バスは満員でした)
13:00 下山しました、お風呂に入って産直市場に寄って帰りました

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です