2019

笠ヶ岳 Day2 2019/8/10(土)

4:45 夜明け
二日目にこのアップダウンは厳しかった
4:55 朝食
5:35 影笠ヶ岳と白山
左奥のとがった山の後ろにうっすらと富士山
6:00 山荘出発
笠ヶ岳を振り返って
サヨナラ
笠ヶ岳、笠ヶ岳山荘とテント場
6:20 左手前から焼岳、乗鞍岳、御岳
こうやって見るとやっぱり、笠ヶ岳はでかい!
6:45 抜戸岩
黒部五郎岳とその後ろに薬師岳
もう一度笠ヶ岳、もう来ることはないだろう(笑)
7:35 昨日は抜戸岳をパスしたので、きょう再チャレンジ、右へ上がっていきます
7:50 抜戸岳
これから歩く稜線、今日は稜線歩きで楽ちん・・・と思っていたら結構アップダウンがあってしんどかった
この稜線を去年は反対側から眺めた、このブログの表紙の写真(常念岳より)
笠ヶ岳と白山
この旅でいろいろと教えてもらったEさん、75歳であの健脚には恐れ入ります m(_ _)m
槍から左手前へ延びる稜線が西鎌尾根、右手前に伸びる稜線は奥丸山へつながる道
9:25 秩父平、お花畑が広がります
秩父平から眺める槍ヶ岳
タテヤマリンドウ?
ヨツバシオガマ
ミヤマキンポウゲ?、シナノキンバイ?
Eさんに名前を聞いたけど忘れた(笑)
ハクサンイチゲ
アオノツガザクラ
コイワカガミ
さきほどからヘリコプターの爆音が聞こえていましたが、ホバリングを始めました
どうも小池新道で事故があったようです。ガイドさんはエンジンの音でどこの会社のヘリかわかったようです
11:25 大ノマ乗越、ここで笠ヶ岳山荘のお弁当をいただきました(写真を撮り忘れた)
大ノマ乗越から見た絶景
コオニユリ
雪渓がありました、ここにザックを置いて弓折岳に行きます(すぐです)
12:15 弓折岳
ガイドさんが(左の人)が雪渓の雪で雪だるまを作りました(笑)
ガイドさんは猟師でもあり、自給自足の生活を目指しているそうです
12:35 弓折乗越に着きました!大勢の人が休憩しています、ほとんどの人が双六岳に向かいます
双六岳のテン場は人気らしく、テント装備の人を多く見かけました
ここからはほぼ新穂高温泉まで下りのみです (^^)/
我々もここでしばし休憩です、もうじき双六岳組も降りてくるはずですが・・・
時間があったのでじっくりと撮れました (^^)/
12:40 鏡平山荘が見えました!鏡池で逆さ槍を撮るのが夢でしたが・・・
13:35 鏡平山荘に到着!ほとんどが登りの人ばかりで、離合に時間がかかりました
この山荘は、かき氷が有名だそうです!山でかき氷!!
受付をすまして早速鏡池に向かいます
槍は雲に隠れていますが、風もなくまさに鏡のようです!
まだまだ時間があるので、山荘に戻ってかき氷!
何年ぶりかに食べたかき氷でしたが、今までで一番おいしいかき氷でしたあ~!
で、その後は・・・(笑)
17:30 双六岳組も無事に降りてきて、槍が見えだしました!
鏡池に向かいます!(徒歩1分)
すでに大勢の人が寛いでいました
気になる槍は・・・ガスに隠れてます・・・(T_T)
でも、しばらくすると・・・見えました!逆さ槍も湖面に写ってます!
初回でここまでくっきり見えるのはとてもラッキーです(^_-)-☆
笠新道のつらさも吹っ飛びます!
何度も来ているEさんも、こんなにくっきり全体が見えるのは初めてだそうです
大キレット
アーベントロート
穂高の山並にガスがかかってきました、今日はここまで
感動の時間でした

小屋に帰って夕食、また写真を撮り忘れました
今夜はこの夏最高の宿泊客だそうです
我々は一部屋を与えられましたが、それでも布団1枚に二人です、足を延ばすと向かいの人に当たります(笑)
小屋の大きさの割にはトイレの数が少ないので、ず~っと行列でした
最新の耳栓のおかげで、音は全然気になりませんでした

最終日は双六岳グループは4時半に出発
我々、笠ヶ岳グループは6時出発です
この夜は夕立もありませんでした